「星をかすめる風」


稽古場便り

2020/9/15


初日から3ステージを終えて今日は休演明け2回公演。
おかげ様で反応は上々、
3公演共にダブルコール (カーテンコールで出演者が 退場しても拍手が続き再登場する)がありました。

今日は気の緩みが生じがちなタイミングですが万全の準備をするキャストとスタッフ。
凡事徹底こそ成功の鍵。

13日(日)は劇団史上初のライブ配信を行いました。
ご覧頂けましたか?
本日より毎日動画配信を続けます。
劇場においで頂けない方は是非ご利用ください。

夜の公演はまだお席に余裕があります。
筆者=板倉哲は8キロ減量に成功しましたが、
それでも痩せて見えないというのはどういう事でしょう?

さあ今日もやるぞ!

板倉哲


ページのトップへ


2020/9/12

さぁ、いよいよ本日初日です!

思えば初めて出演者全員が稽古場に揃ったのが8月15日。

とにかく突っ走り続けた日々でした。
キャスト・スタッフ一丸となって作り上げた世界。
初めて出会った作・演出のシライケイタさんの 思いにも応える 舞台にしたい。


ロビーもコロナ対策に万全を期し、開幕を待ちます!

北直樹


ページのトップへ


2020/9/9

いよいよ劇場入りです。
今日は朝から仕込み開始。

写真は、照明作業中の舞台と客席を撮影したものです。

客席は感染予防のため、 最前列とプレートが貼っている席は使用しないので、 総客席数は通常の半分となるわけです。


ところで、紀伊國屋サザンシアターTAKASIMAYAは代々木駅東口から、
徒歩で5分の近さだとご存知でしょうか。

改札から階段を降りて上がると目の前が
コンビニのファミマ
すぐそばにドコモタワーがそびえてます。


その前を新宿方面に歩けばタカシマヤ別館、
ニトリの入っているビルの7階がサザンシアターになります。

暑さ続く中、少しは歩く距離が短縮されるかもです。


さて、もう一枚の写真
この校庭はかつての福岡刑務所の敷地と接していて、 今もこうして松の木が残っています。

8月に、「キネマの神様」福岡市民劇場公演の折に、
地元の「福岡・尹東柱の詩を読む会」 の方に案内してもらった時に撮影しました。

この校庭から先、北のほうには海が広がり、
そのずっと先、海を隔てた向こうに朝鮮半島があります。

列島で最も朝鮮に近い刑務所だったのです。

当時囚われていた朝鮮人たちは、波の音、潮風に故郷を思ったはず。

ここで絶命した尹東柱は、空を見上げ、 風を感じ、母を思い、心の中にどれだけの詩を刻んだのでしょう


葛西 和雄


ページのトップへ


2020/9/7


本日は1日空いて前回に続いて衣裳をつけての通し稽古です。
本番も近づいてきて皆んな気合い十分です。

こちらはチェ・チス役の島本さんです。
普通にしていても貫禄があります。



こちらは囚人役の高山くんです。
島本さんの様な貫禄ではありませんが、 目力が半端ないですね。
何か違う存在感があります。


舞台の2階で稽古をしているのは
葛西さん、 矢野くん、そして陰に隠れてしまってますが 広戸さんがいますね。


さあもうすぐ本番ガルバレ俺!
あ、いや、素敵な芝居を創れるように皆んなで頑張ろう!

中川為久朗


ページのトップへ


2020/9/2


看護婦・上原役の小泉美果です

いよいよ稽古も「通し」の段階に入ってきました。

1人1人の熱量も今まで以上に上がっています!!

演劇の力を信じて、本番までにもっともっと高みを目指します。

写真は、今回の作品でもっとも重要な2人、
岩波みどり役の傍島さんと音響の寺島さん。

普段から仲の良い2人が、舞台上でも息を合わせると…!
これ以上はネタバレになるので言えません笑

ぜひ劇場で確かめてください(^ ^)

小泉美果


ページのトップへ


2020/9/1


おはよう御座います。
星をかすめる風で囚人と看守の役を演じる塚原正一です。

稽古場は、今日からミザンス稽古でした。
本番に向けて、どんどん進んでいます。


稽古後には、衣装合わせでした。
明日からも本番に向けて、頑張って行きます。

夜公演のお席もまだまだ御座います。
よろしくお願いします。

塚原正一


ページのトップへ


2020/8/31


こんばんは

今日で8月も終わり、明日から9月!
また新しい日々がスタートしますね。
太陽が本気を出して来ているおかげで暑い日が続いていますが、
水分補給を忘れず適度に休んで負けずに頑張りましょう

という事で、はじめまして!
今年度から青年劇場に入団致しました、
五嶋 佑菜(ごとう ゆうな)です。

どうぞ宜しくお願い致します!

さて、9月12日から紀伊國屋サザンシアターにて幕を開ける
「星をかすめる風」の稽古が、 最善の注意を払いながら続いております

今日は芝居の稽古と共に歌の録音も行いました
私は新型コロナウイルスの影響もあり、
入団してから Wしっかり1つの作品に関わるWというのが今回がはじめてなので あたふたしてばかりですが、
沢山の先輩方に囲まれて様々な事を教えて頂きながら、
見て聞いて学んでいます。

稽古を見ながら私も一緒にセリフを覚えたり 台本に色々書き込んでみたり…。

世界中が同じ大きな壁にぶつかっている今。
山あり谷あり七転び八起き、
どんな事も生半可な気持ちでは成し遂げられない環境です。

そんな中でこの「星をかすめる風」 という作品をお届け出来る事がとても嬉しく思います。

W舞台があるという事、 お客様に観て頂けるという事は決して当たり前ではないW と学生時代に幾度となく言われましたが、
それを身を持って実感しています。いや、痛感かな。

だから神様から貰った「星をかすめる風」を上演するという
このチャンス!
生かすも殺すも私達次第なので、
最後までバッチリガッツリ全力で取り組みます!

以上!最後まで読んで頂きありがとうございます!
楽しみにしていて下さいね

佑菜


ページのトップへ


2020/8/28





本日は稽古ではなく、作業日!
小道具や衣装をスタッフと若手キャストで作成していきます。





みんなで仲良く和気あいあい

作業の合間に芝居について話し合う者も。




悩みながら前に進む。

囚人・看守/林田悠佑


ページのトップへ


2020/8/27


こんにちは、9月公演「星をかすめる風」で囚人役の安田遼平です。
今日も暑いですね、
稽古場に着くまでにお茶を入れた水筒が空になってしまいます。。

さて、いよいよ今日は稽古後に、本番のセットがほぼ立ちます!
先週立てた仮のセットをバラして本番セットの搬入、建て込みの流れです。


舞台監督助手の山田さんと出演者の藤代さん、作業内容の確認中ですね!

「スタジオ結」に来ていただいたことがある方はご存知かと思いますが、地下にあります。
なので搬入は地下に大きな荷物を降す作業です。
「キネマの神様」の公演に行っていたみなさんに比べて搬入に必要な体力の低下を感じます。
無事に搬入が終わり一息つきます。

どんなセットが立つかはいつものことながら本番のお楽しみです(笑)

さて明日は作業日、小道具などの仕上げをします!!

安田遼平


ページのトップへ


2020/8/25


8月25日稽古場便りはまだ2年目、秋谷がお送りします。
星をかすめる風稽古場は演者が常に自由で新しい発見を求め、奮闘しております!
私もその流れに食らいついて行ってきます!!

マスクをつけながらの芝居という、
今まで経験したことのない感覚の演技で戸惑ってはいますが、
念入りな手洗いうがいで日々元気に本番を迎えられるように頑張ります!


みなさん劇場で元気でお会いしましょう!

秋谷翔音


ページのトップへ


2020/8/24


おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!

『星をかすめる風』の稽古場からお届けします。
『キネマの神様』の旅が無事に終わり、いよいよ劇団は東京公演復活へ。
今公演は、九州の旅とはまた少し違う緊張感と戦わなければならない気がします…。

稽古場は、もちろん感染対策をおこないながらの稽古です。
『キネマの神様』で行っていた対策方法を教えてもらいました。
いつもの掃除に加えて手で触れる場所の除菌、靴底も除菌、そして常時換気。
各々が除菌スプレーやティッシュ等を持ち込む。

どれだけやっても無駄にはならない。
…なんだか芝居と似ている……?

そばじまひとみ


ページのトップへ