秋田雨雀・土方与志記念青年劇場付属養成所
カリキュラム ごあいさつ 募集要項 養成所だより 先輩の声 願書ダウンロード


あなたが舞台に立つ日!

青年劇場付属養成所
2019年度 第49期生募集

一人一人の個性に合わせた指導で基礎から学ぶ!

 当養成所の特徴は定員を少人数に絞り丁寧な個人指導を行っていることで、多くの卒業生から「演技の基礎をしっかり学べる養成所」との感想が寄せられています。
 授業を通して、「こころと身体」を解放し、人間を豊かに表現する基礎を学びます。演劇経験の豊かな方も、未経験の方も、それぞれの課題を明確にした指導を行い、成長を促進しています。
 卒業後は選抜により青年劇場への入団が可能です。
 青年劇場には、現在50名以上の養成所卒業生が在籍し、劇団の舞台で活躍しています。

講座内容


基礎発表 等

体と心を解きほぐす

ステージムーブメント・ボイストレーニング・ことば・朗読などの授業を通じて、体のゆがみを正し、心を解放して、呼吸の基礎を学びます。学期の終わりに基礎レッスンの発表を行います。夏休みには合宿も!




第47期中間発表 「五月」
宮本研=作 白石康之=演出

豊かに表現する

1学期の基礎の上に、日舞の授業なども行い、表現の多様性を体験します。自分の体を意識的にコントロールすること、舞台の上で即興的に「生きる」「反応する」ことを学びます。劇団の公演班に同行して実習を行い、学期末に一幕ものの上演を行います。




第47期卒業公演 「夜の来訪者」
プリーストリー=作 内村直也=翻案
白石康之=演出

卒業公演

授業の成果をいよいよ卒業公演で実践。戯曲の歴史背景、風俗・思想などを調査し、戯曲の論理構造、戯曲上演の今日的な意味を明らかにします。演技の稽古の他に、宣伝製作の仕事や大道具・小道具・衣裳づくりも経験します。



 ◇◆◇◆━━━━━━━━━━━授業風景━━━━━━━━━━━◆◇◆◇


公演班実習

バレエ

声楽

日本舞踊

ページのトップに戻る